よもやま話

水溶性のケイ素とは?

藻類の化石から誕生した珪素 [Siシリカ] 地球上で2番目に多いミネラルです 珪素は元素記号でSi、原子番号14番。地球上で酸素についで2番目に多い元素で、 自然界では土や岩などに含まれる鉱物(ミネラル)の一種です。地球上に存在 する珪素は、太古の昔の水中に生育する細菌やバクテリアなどの微生物、 プランクトンなどの藻類が長い年月を経て化石となってできたもの。 珪素が一番多く含まれている鉱物の中でも純度99%以上のものが、私たちも よく知っている「水晶」です。「食品衛生法」が認定する珪素の安全性として カルシウム、カリウム、マグネシウムなど食用できる65の物質を定めていますが、 その1つに珪素も

»水溶性のケイ素とは?…の続きを読む

 

水溶性珪素の大きな働き

①   血管の強化 珪素は血管、胸腺、リンパ節、肺、松果体、脳、肝臓、腎臓、卵巣、皮膚、筋肉、髪、歯、目等をつくる成分   ②   ミトコンドリアの増大と強化 細胞内共生生物ミトコンドリアは珪素で構成されている生物で、珪素不足で、エネルギー代謝が弱くなります。   ③   抗ラジカル性(活性酸素の除去) 体内で必要な活性酸素は消去せず、遺伝子を傷つける悪い活性酸素(ヒドロキシラジカル)を消去する抗酸化食品   ④   酸化食品を抗酸化食品に変える 毎日の食生活でおいしい酸化食品等を体内で還元し腸内環境をよくし、血液の酸化を防ぎ常に血液サラサラ状態 をつくる。 &n

»水溶性珪素の大きな働き…の続きを読む

 
 
ページ上部に