ハートフル通信

温度差に、ご注意

暑さで頭がクラクラするような時、冷房が効いたところへ入ると、何とも気持ちが良いものです。 しかし、再び炎天下に戻れば、今度は以前より温度の振り幅が拡大しているので、 うまく外の温度に体を合わせる事ができず、めまいや熱中症、体のだるさを引き起こすことがあります。   【生 薬】 牛 黄  (味) 苦 心を養う。炎症を抑える。 (性質) 涼 体を穏やかに冷ます。 暑さに負け始めると、汗が出なくなります。また、冷房で汗が引くと、肌が冷やされることで 体の中に「出すべき暑さ」が残ってしまいます。牛黄は夏特有の「体にこもった暑さ」を外へ出す、 お手伝いをしてくれます。    

»温度差に、ご注意…の続きを読む

 

梅雨時の養生

梅雨には「梅雨寒」という言葉があるように、特に梅雨の前半は、どうしても肌寒く感じられます。とはいえ湿度が高く、次第に気温も上がるため、除湿や冷房も避けられません。そのため冷えに弱い方ほど、食欲不振、めまい、耳のトラブル、膝痛など湿気による諸症状に悩ませらます。 【生薬 牛黄】 (味) 苦 心を養う炎症を抑える  (性質) 涼 体を穏やかに冷ます。冷えに弱い方の冷房病は、梅雨時の除湿から始まります。冷えると体の「出すべきものは出す」働きが低下してしまいます。牛黄は冷えてだせなくなった「使いふるしの水分と熱」を処分するお手伝いをしてくれます。 【食材 えんどう豆】 (味) 甘 脾を養う。滋養強壮な

»梅雨時の養生…の続きを読む

 

気分を変えよう ~五月病と羚羊角~

「どうしよう」と思うと、身も心も一瞬にして固まってしまいます。呼吸が浅くなり酸素が不足してくるので、自然と「溜息」を吐いて酸素を補おうとします。東洋医学では、呼吸で入れる酸素を含め、体にとって不可欠な「目に見えないエネルギー」すべてを「気」と表現するのですが、それが不足してくると全身にさまざまな影響が現れます。 全身倦怠、食欲不振、下痢、便秘、思考力の低下、イライラ、うつ傾向、物忘れ、動悸、めまい、耳鳴り、頭痛、肩凝り、不眠など、「どうしよう」という号令一つで気分ばかりか、体調もガタガタに崩れ始めます。 しかも「どうしよう」は、マイナス思考という歯車に乗って頭の中をグルグル回り始めます。自分で

»気分を変えよう ~五月病と羚羊角~…の続きを読む

 

寒いの疲れる ~冷えと鹿茸~

夏の疲れには夏バテという言葉がありますが、冬の体調不良のことを冬バテとは言いません。しかし風邪、インフルエンザ、循環器系の発作、花粉症など、冬には冬の疲れ方があります。 冬は寒くて動きも鈍く、体力はむしろ使わないように思われます。でも考えてみれば、気温が低い日も、体温を平熱に保たなければなりません。お湯を沸かす時、夏と冬では沸騰までの時間が違います。ガス代も電気代も違います。ならば体の保温に使う「腎陽気」の消費量も、冬は夏の比ではないことがわかります。 腎陽気は、腎のエネルギーのことです。腎といえばおしっこですが、冷えると頻尿になり、高齢になると排尿困難になるように、冷えや老化にも深く関わって

»寒いの疲れる ~冷えと鹿茸~…の続きを読む

 

のどの痛み ~風邪予防と鹿茸~

いつもより首と肩のあたりが重く寒気がすると「風邪をひいたかな」と心配になります。 やがてくしゃみが出ると、風邪の予感は確信へと変わります。そのような時、のどにも痛みを感じます「天突」は、のどの痛みをはじめ、長引く咳にも使われるツボです。 ツボはよく駅に例えられますが、同じような性格のツボが複数集まって一つの線路を作っています。その線路は長短さまざまですが、関連する内臓に立ち寄ることになっています。のどにも複数の線路が通っているのですが、中でも肺・鼻・皮膚・大腸に関わっている肺経という線路が疲れてくると風邪をひきやすくなります。しかも咳、鼻水、鼻づまりといった風邪の諸症状に加え、花粉症、アトピー

»のどの痛み ~風邪予防と鹿茸~…の続きを読む

 

気になる視力低下   ~目の疲れと枸杞子~

秋が深まり冬が訪れても、風邪、長引く咳、食欲不振、下痢、便秘、腰痛、肩こり、痔、生理痛、こむらがえりなど、夏バテからすっきり治らず続いている呼吸器、胃腸、筋肉血液関係の諸症状にいつまでも悩まされることがあります。 視力低下もその一つです。スマホが普及して若い人の「スマホ老眼」が話題になっていますが、長時間同じところを見つめていれば、肩や首がこるように目の筋肉もこってしまいます。一過性の疲れ目と思っていたのに、次第にメガネの度が合わなくなってくると、一抹の寂しさと焦りを感じます。 そこでツボは、「行間」です。「行間」は目から離れた足にあり、五本指の靴下、ぞうりの鼻緒で絶えず刺激し続けることができ

»気になる視力低下   ~目の疲れと枸杞子~…の続きを読む

 

指先のカサカサ  ~乾燥肌と亀板~

子供の頃、大人がお札を数える時、本のページをめくる時、指を舌でぬらしていのを見て「なんでそんな汚いことをするのだろう」と思いました。子供の手はしっとりとしていますから、当時はその必要性がわかりませんでした。 東洋医学では、肌は肺の仲間です。イメージとしては「肌→皮膚呼吸→呼吸→肺」と連想するのが一番東洋医学の考え方に近いと思います。年齢を重ねることで指先がカサカサしてくるのは「肺の老化」のせいですが、肺の仕事は呼吸なので、酸素を取り込んでリフレッシュした血を全身に届ける働きが鈍ければ、血のめぐりも悪くなり、血の問題や息切れ、だるさ、めまいなどにつながっていきます。 そこで肌の老化が気になりだし

»指先のカサカサ  ~乾燥肌と亀板~…の続きを読む

 

ハートフル通信     ~ブドウと当帰~

コンタクトレンズがとても身近な存在になったことで、近視でも見た目がわからなくなりました。そのためメガネの人は減った気がしますが、視力低下の悩みは深くなっているようです。目がショボショボする、目がかすむ、目の奥が重い、視力が落ちてきた、年の割に老眼が早いなど、重篤な症状ではないけれど目がすっきりしないという方は少なくありません。それが証拠に薬局薬店に並ぶ目薬の種類の多さに、どれを選んで良いやら迷ってしまいます。 考えてみればパソコン、スマホなど液晶画面を見つめて目を酷使するとが日常化しています。車の運転、テレビ、読書、手芸など目が疲れますが、画面操作にはそれを理解して動かす認識能力も要求され、頭

»ハートフル通信     ~ブドウと当帰~…の続きを読む

 

汗が出ない     ~夏バテと牛黄~

人の体は暑いと汗をかいて温度調整をするようにできています。実際、汗ばむ程度の夏日から真夏日、猛暑日に至るまで、5月5日の立夏から9月25日の彼岸明けぐらいまで、多少にかかわらずほぼ毎日汗をかいています。しかも冷房で汗を人為的に抑えていることもあり、次第に汗かいて体温調節する働きにも疲れの色が見えてきます。元気なら汗が気持ち良く出るはずの暑さなのに、じっとり肌にからみつくような嫌な汗に変わってきたら、それは夏バテです。 夏バテになると食欲も落ちますし、全身がだるく、気力もなくなり、厚さでイライラしてきます。そのような時、試しに「三陰交」を押してみて下さい。痛みやだるさを感じ、力なく皮膚の戻りが悪

»汗が出ない     ~夏バテと牛黄~…の続きを読む

 

ハートフル通信No,18 頑張り疲れ

頑張り疲れ  ~ココナツオイルと羚羊角~ ある日を境に今まで見向きもされなかった食材が、「お一人様一個限り」などと制限されるほど突然売れ出す事があります。今回はココナツオイルです。テレビで認知症や歯周病の改善、ダイエットに効果があったという話が取り上げられ、一躍「時の食材」となりました。 薬膳から認知症と歯周病を考えた時、症状の裏にあるのは「余分な熱の上昇」です。よく漫画で怒ってる人を表現する時、頭から湯気が出ているように描きますが、まさにその状態です。イライラ、肩コリ、めまい、耳鳴、歯周病、認知症、物忘れ、うつ、不眠、口内炎なども余分な熱が引き起こしていることがあります。食べ過ぎも、食物でそ

»ハートフル通信No,18 頑張り疲れ…の続きを読む

 
 
 
ページ上部に