2014年04月

ガラナ末

南米に生息する植物で洋ナシ型の赤い果実を実らせます。 それを収穫し焙煎したものです。 主成分はカフェインで他には、テオブロミン・テオフィリン・タンニン 少量のカテキンが含まれます。 疲労回復効果、肩こり、気管支喘息の抑制、 利尿、強壮、健胃、腸疾患などの作用が知られています  

»ガラナ末…の続きを読む

 

マカ

南米ペルーに植生するアブラナ科の多年生の植物。 色は 黄色 白 紫 黒と多種類です。 根には 鉄分・ カルシウム・必須アミノ酸などのミネラル成分が 含まれるそうです。 マカには、アルギニンと言うアミノ酸が含まれていて 成長ホルモンの分泌を促す効果 ホルモンバランスの正常化 精子の生成、血流の改善の相乗効果で精力増強されると 言われています。        

»マカ…の続きを読む

 

タツノオトシゴ

タツノオトシゴは、生薬では海馬と呼ばれています。 ヨウジオ科のオオウミウマ イバラタツなどの内臓を取り除いた物です。 補腎壮陽 腎陽虚のインポテンツ・勃起不全・遺尿などに 使われます。   方剤例 木香湯:木香・海馬・大黄・青皮・白牽牛子・巴豆  

»タツノオトシゴ…の続きを読む

 

サメ軟骨末

鮫の軟骨は いわゆる「ふかひれ」です。 主成分は、ムコ多糖類・カルシウム コンドロイチン硫酸を多く含む、たんぱく質や、 で構成されています。 鮫の軟骨が動物性の軟骨より活性あるかもしれないと 考えられています。 サメ軟骨に含まれるコンドロイチン硫酸は、水分を多量に 吸収する性質を持っています。 若い時は 体内でも生成されているコンドロイチン硫酸 ですが、加齢と共に減少されてきます。 保水性・潤滑性・弾力性の促進、傷ついた組織の修復などに 良いとされています。  

»サメ軟骨末…の続きを読む

 

ハブ末

ハブは、世界の中でも有数の猛毒を持つ毒蛇ですが、 日本では、スープやハブ酒など 食生活にも溶け込んでいます。 餌なしで1年以上も生き抜く生命力や、24時間にもわたる交尾を 持続する精力をもち 中国では 滋養強壮の健康食品として 有名です。

»ハブ末…の続きを読む

 

香附子

カヤツリグサ科のハマスゲの肥大した根 うつ気分の改善 痛みどめの作用があります。 方剤例 香蘇散 女神散 滋陰至宝湯        

»香附子…の続きを読む

 
 
ページ上部に