2014年06月

ハートフル通信 No.2

こんにちわ。6月になり近畿地方も梅雨入りし、毎日じっとりとする湿度の高い気候にうんざりしながらも色鮮やかに咲く紫陽花で少し気分もよくなるよう日々です。 東洋医学では、自然の気候の変化など外部からの要因で発病させる病因を六邪といい六種類の六邪がありますが、その中の一つこの時期は「湿邪」(シツジャ)で不調を感じる人が多いようです。 「湿邪」とは、湿気をもつ邪気で梅雨の時期や湿度の高い環境で現れやすく、足のむくみ 耳の不調 倦怠感 などを感じます。 気温も高くなりつつあるこの時期 ついつい 冷たい物を取り過ぎ、寝冷えやクーラーで体を冷やしすぎたりが体の中の水分のめぐりが悪く体内に悪い水分が滞る要因と

»ハートフル通信 No.2…の続きを読む

 
 
ページ上部に