2016年06月

土用の病気と養生

土用というと夏を思い浮かべる方も多いと思いますが、土用は各季節にあります。 2016年は 冬土用:1月18日~2月3日  春土用:4月16日~5月4日  夏土用:7月19日~8月6日  秋土用:10月20日~11月6日 陰陽五行説で、春・夏・秋・冬をそれぞれ木・火・金・水とし、土を各季節の終わりの18日間に当てはめたことから、立春、立夏、立秋、立冬の前の18日間を土用といいます。 次の季節へ移る前の調整期間といったところでしょうか。 よく季節の変わり目といいますが、まさにこの期間だと考えています。 養生を怠ると身体に不調が出てきてしまうので要注意です! 土とは「脾」の事で、この土用の期間は脾が

»土用の病気と養生…の続きを読む

 

肌トラブル

美しい肌を保つには、紫外線や乾燥に気をつけ、正しい生活習慣と食習慣を心がけることですよね 中医学で一番大切なのは、気の流れをよくすることです。 そして、身体を構成する気・血・水(津液)のバランスをととのえることです。 肌トラブルの解消についてもこれが基本となります。 血や津液は、気のエネルギーによって流れます。 気は脾胃と肺で生産されるので、気の流れにはこの臓腑の働きがとても大切です。   例えば、シミ・シワについて… 中医学では ☆脾胃は消化吸収した食べ物の滋養から気血をつくり出す役割を担っていると考えます。 もし、脾胃が冷えてしまうと大切な気の生産が阻まれてしまいます。 ☆肺は気

»肌トラブル…の続きを読む

 

酵素を生かす体内時間とは

  皆様こんにちは、スタッフの前田です(*^^*) 色とりどりの紫陽花がキレイに咲いていますね! 思わず立ち止まってじーっと見つめてしまいます。     我が家でも、カシワバ紫陽花が満開(≧∇≦) 珍しい品種の様でご近所から好評です。       さて、今回もファスティングについてお話しします。 ファスティングで臓器と細胞のリセット‼   ファスティングは、汚れた細胞を健康な細胞に戻す唯一の方法です。   そして、その効果を出すために1日24時間の体内リズム 《ナチュラル・ハイジーン》に基づく規則正しい生活が大切で

»酵素を生かす体内時間とは…の続きを読む

 

便秘について

梅雨の季節の養生についての話題が続きましたので、今回は患者さんの中にも多く、 私も時折悩まされることのある「便秘」に関するお話しです。   便秘は東洋医学では“胃気(いき)”の滞りによるものと考えます。これは、胃腸を動かすしくみのことで、 “胃気”の働きが滞ると腸の動きも止まってしまい、便秘になるとされるのです。   “胃気”が正常に働くためには、まず体全体の“気”がスムーズにめぐっていなければなりません。 “胃気”は本来、上から下に向かって流れることで正常に保たれていますが、“気”のめぐりが悪いと(気滞:きたい)、 下向きの流れが弱くなったり、逆流したりするのです。 とく

»便秘について…の続きを読む

 

ハートフル通信No,17   心配なのは、夏の心肺

心配なのは、夏の心肺 ~ 熱中症と蟾酥(センソ) ~ 夏の心配といえば熱中症です。普段から十分に気をつけているつもりでも、疲れや睡眠不足などから体のバランスが崩れると、思わぬ状況で熱中症に陥ることがあります。しかも温暖化の進行とともに、誰もが歳を重ねていく現実の前では、「今まで大丈夫だったから」「このくらいの気温なら平気」といった油断は禁物です。 東洋医学では、夏は「心」の季節と考えます。心というと普通、心臓の心と気持ちの心を思い浮かべますが、この2つに血と汗が加わり、「心臓・気持ち・血・汗」が東洋医学の「心」となります。昔から「心血を注ぐ」などと言いますし、緊張(気持ち)から手に汗をかくこと

»ハートフル通信No,17   心配なのは、夏の心肺…の続きを読む

 

雨で体や頭が重たくなるあなたへ

前回の堀越先生が書いてくれていたように、この週末も天気が優れず、いよいよ全国的に梅雨の時期に突入のようです。 個人的にはとても雨は好きなのですが、世間的にはそれは“変”なことらしく、実際この仕事をして相談に乗っていると、結構な割合で雨の日に不調を訴える人が多いです。 それは先週にも書いているように、ほぼ確実に“湿邪”が悪さをしています。“湿”というのは水分代謝異常で滞ってしまっている体液全般を意味しますが、簡単に書けば「老廃物が身体に停滞してしまっている」ということです。 よく「老廃物を出せばいいということは、汗をかけば良い」ということだと思い、サウナなどで大量に汗をかいたり、人によっては寝て

»雨で体や頭が重たくなるあなたへ…の続きを読む

 
 
ページ上部に