2016年09月

連動する「こころ」と「からだ」

喜怒哀楽などの感情活動と内臓は連動しているというのが漢方の考え方です。 悩みが深いために食欲がなくなってしまったり、体調を崩してイライラ怒りっぽくなってしまったり、と思い当ることもあるのではないでしょうか。 漢方では、感情活動は五臓と関連づけ、あれこれ考える思惟活動は脳と関連づけて考えます。 同じことを考えるにしても、ひどく怒っているときと、気持ちが穏やかなときとでは、判断や決断にその時の感情が影響してしまい、後で「何故あんなことを・・・。」と後悔してしまうことも。感情と思惟が切り離せないことは多くの方が経験しているのではないでしょうか。   漢方では、人体の病因の一つに内因があり、

»連動する「こころ」と「からだ」…の続きを読む

 

腸について ⑴

  こんにちは、スタッフの前田です(*^-^*) この猛暑で、我が家の前の道端の雑草が半端なく… 見て見ぬふりも限界に達し、意を決して刈りました! 案の定、蚊に刺されるは傷だらけになるはで疲労困憊(@_@) 見て見ぬ振りに反省です(ノД`)・゜・。   ****************************   さて、今回は腸の病気「リーキーガット症候群(腸壁浸漏症候群)」 についてご紹介致します。 直訳すると、「漏れる腸」です。   健康な腸壁は、碁盤の目の様に整っています。     ですから未消化のタンパク質などは、安易に腸内に

»腸について ⑴…の続きを読む

 

新陳代謝

こんにちは(*^o^*)スタッフの前田です。 湿度が高くて体が重い…! 我が家の除湿機はフル回転で直ぐに満水…!(◎_◎;) この時期ありがたい除湿機です(^o^)/ さて、今回は新陳代謝についてお話をします。 人体は約60兆個の細胞で作られています。 その60兆個で作られている各臓器や器官に必要な約60種類の栄養素を供給して、正しい新陳代謝をさせることが必要です。 そして、細胞は約60日で入れ替わるのです!(◎_◎;) 健康な20才代では 皮膚‥28日 筋肉‥60日 白血球‥5日 血管‥90日 で、入れ替わるとされています。 そこで、珪素と酵素を積極的に摂取することで新陳代謝が活発になり、

»新陳代謝…の続きを読む

 

出来るだけ添加物を減らしましょう!

こんにちは、スタッフの前田です(*’ω’*)   今日の台風はすごかったですねー! 台風に備え、我が家の鉢植えたちは全員非難させていたので無事… のはずだったのですが! 元の位置に戻そうとした時にうっかりツルッと鉢植えを落としてしまいました(ノД`)・゜・。 しかもお気に入りの鉢植え(ノД`)・゜・。 皆様は何事もなくご無事でしたでしょうか?     ****************************************************   飽食の時代、食べてはいけない物を選択する事が難しくなっています。 ではい

»出来るだけ添加物を減らしましょう!…の続きを読む

 

「ダイエットに漢方薬!?」

9月になり朝晩が涼しくなって、ずいぶん秋らしくなってきました。 秋は「スポーツの秋」と共に「食欲の秋」でもあります。夏の暑さで食欲が低下気味だった人も、涼しくなるごとに食欲が増す季節です。食欲があることは健康のバロメーターの一つでもあるのですが、太り気味でダイエットしようと思っている人には辛い季節と言えるかもしれませんね。 ということで、今回は肥満についてのお話です。 肥満の原因は使うエネルギー(消費エネルギー)より摂取するエネルギーが多いということ、つまり、単純に言うと運動不足や過食・過飲(食べ過ぎ、飲み過ぎ)が主たる原因になりますが、体の機能が低下しているために摂取したものがうまく消費され

»「ダイエットに漢方薬!?」…の続きを読む

 

「カルシウム」しっかりとっていますか?

一見、バランスの良い食事のように思えますが、カルシウムに関しては、厚生労働省が定めたカルシウム量「600~700mg」には遠く及んでいません。それだけカルシウムは摂取するのが難しいミネラルなのです。 いつも肩が、こっている。首が張って頭痛がする。朝起きたさきに腰が痛い。すぐにぎっくり腰になる。お尻から足に痛みや痺れがある。そんな方に命門堂漢方薬局では、医薬品のタチカワ電解カルシウムをお勧めしております。 ※口径的に補給されるカルシウムは、摂りすぎても必要以上には排泄されるので安全です。 第3類医薬品 タチカワ電解カルシウムは、カルシウム不足、栄養補給を目的としたカルシウムの補足、授乳期及び小児

»「カルシウム」しっかりとっていますか?…の続きを読む

 

子供のアトピー

アトピー性皮膚炎は見た目以上に色々複雑な病気です。 ステロイドが良いだの悪いだの結局根本治療をしない西洋医学もあれば、東洋医学も根本体質を改善するとはいえ、発症からの経過が長く、経絡がズタズタになっている状態で臓腑弁証をしても思うように効果が得られないことも多くあります。 また見た目に振り回され炎症を単純に冷やすことで逆に炎症が悪化したり、乾燥に対して潤いを与えることで悪化したりなど、アトピーで困っている人は多い中、治療はなかなか上手くいっていない人も多い病気ですね。 色々と謎の深いアトピーですが、子供と大人で考えると大きな違いが出てきます。単純に言えば、いろいろな影響をまだ受けていない子供の

»子供のアトピー…の続きを読む

 

ハートフル通信     ~ブドウと当帰~

コンタクトレンズがとても身近な存在になったことで、近視でも見た目がわからなくなりました。そのためメガネの人は減った気がしますが、視力低下の悩みは深くなっているようです。目がショボショボする、目がかすむ、目の奥が重い、視力が落ちてきた、年の割に老眼が早いなど、重篤な症状ではないけれど目がすっきりしないという方は少なくありません。それが証拠に薬局薬店に並ぶ目薬の種類の多さに、どれを選んで良いやら迷ってしまいます。 考えてみればパソコン、スマホなど液晶画面を見つめて目を酷使するとが日常化しています。車の運転、テレビ、読書、手芸など目が疲れますが、画面操作にはそれを理解して動かす認識能力も要求され、頭

»ハートフル通信     ~ブドウと当帰~…の続きを読む

 
 
ページ上部に