2017年02月

寒いの疲れる ~冷えと鹿茸~

夏の疲れには夏バテという言葉がありますが、冬の体調不良のことを冬バテとは言いません。しかし風邪、インフルエンザ、循環器系の発作、花粉症など、冬には冬の疲れ方があります。 冬は寒くて動きも鈍く、体力はむしろ使わないように思われます。でも考えてみれば、気温が低い日も、体温を平熱に保たなければなりません。お湯を沸かす時、夏と冬では沸騰までの時間が違います。ガス代も電気代も違います。ならば体の保温に使う「腎陽気」の消費量も、冬は夏の比ではないことがわかります。 腎陽気は、腎のエネルギーのことです。腎といえばおしっこですが、冷えると頻尿になり、高齢になると排尿困難になるように、冷えや老化にも深く関わって

»寒いの疲れる ~冷えと鹿茸~…の続きを読む

 

冷え③

最近は少し気温が上昇する日も出てきていますね。 ですが、温かさも出だしてきているからこそ、寒暖差で体調を崩してきている人が多くなっています。 まだまだ寒さに気を抜けない季節ですので、冷えの続きを書き上げます。   五臓で考えた残る冷えは肺陽虚と心陽虚。 肺陽虚は肺という言葉から連想しやすい、呼吸器系統に異常が出やすく、単純に咳などの症状や声が小さいなど、また東洋医学での考え方では皮膚表面などの肉体においての浅い位置は肺が司っており、肌などにも異常が出やすいです。また風邪を引くときには身体の外側から段々内側に入っていって罹患しますが、その時肺が陽虚状態であると、外邪に対しての抵抗力が落

»冷え③…の続きを読む

 

妊娠力を高めるために 〜冷え症対策編〜

こんにちは、スタッフ前田です。   最近の女性はスレンダーな方が多いですが、 これは本当に良いことなのでしょうか⁉️   「標準体重なんてとんでもない‼️まだ痩せたい‼️ダイエットしなきゃ٩( ‘ω’ )و」   果たしてそんな痩せたひ弱な体で、 妊娠や出産に耐えられるのでしょうか?   出産では、生理以上に出血します。 母乳も血液と同じです。   体に 【 余裕 】がなければ妊娠は難しいのです。   運良く妊娠出来ても、継続出来ない、出産後うつになったり‥ 産み、育てるには体力が第1です。   それ

»妊娠力を高めるために 〜冷え症対策編〜…の続きを読む

 

女はつらいよ

こんにちは、スタッフの前田です。 寒さが戻って来ました‥寒い 末端冷え症なので親指の端が割れてしまいます。 トホホ‥(´-`).。oO痛い‥ 女性は悩みが多いのです‥ お年頃になると、結婚は? 結婚したら、お子さんは? 1人子供が出来たら2人目は? もう、お願いそーっとしておいてーーー!!! 今妊娠したら? 復帰出来るの? 仕事を持っていると益々厳しいのです… 悩みは様々… そこで、冷え性対策、年齢対策、ストレス対策 それぞれ対策を考えて妊活力アップ⤴️を目指しましょう❣️ 次回は冷え症対策からお話しします。 命門堂では、妊活のメゾットがあります(^^) お気軽にお問い合わせ下さいませ。

»女はつらいよ…の続きを読む

 

風邪には漢方②

前回は東洋医学から見た風邪(ふうじゃ)の考え方をお伝えしました。 そして現在「風邪(かぜ)」と言われている病気は、東洋医学でいう「風邪(ふうじゃ)」「寒邪(かんじゃ)」「熱邪(ねつじゃ)または暑邪(しょうじゃ)」「乾邪(かんじゃ)または燥邪(そうじゃ)」「湿邪(しつじゃ)」「火邪(かじゃ)」という6つの病気の総称なんです。 風邪(ふうじゃ)は比較的弱く、他の邪と徒党を組まないと悪さをできません。でも、他の邪と徒党を組むと、体の中で風のように激しく症状を出すんです。 風邪の初期には葛根湯、とか風邪の初期には麻黄湯、麻黄附子細辛湯というのは東洋医学的には嘘で、どのタイプの邪と組み合わされた風邪なの

»風邪には漢方②…の続きを読む

 
 
ページ上部に