不妊とは?

 

1年間、避妊せずに子供に恵まれない場合を不妊症としている

日本でも6.7組に1組が不妊症。初婚年齢の高齢化に伴い

子宮内膜症や子宮筋腫、多嚢胞性卵巣症候群などによる排卵障害などの合併頻度が高まっている。

トランス脂肪酸の過剰摂取※1

内分泌攪乱物質の存在(ダイオキシン・PCB・農薬・合成化学物質)

精子数の減少・奇形数↑・運藤率低下・

性感染症による卵管閉塞

 

※1 トランス脂肪酸とは

天然の植物油にはほとんど含まれず、水素を付加して硬化した部分硬化油を製造する過程で発生する。これを原料とするマーガリン、ファットスプレッド、ショートニングなどに多く含まれるほか、これらを原料とするパン、ケーキ、ドーナツ、クッキーといった洋菓子類、スナック菓子、生クリームなどにも含有される。一定量を摂取するとLDLコレステロール(悪玉コレステロール)を増加させ心臓疾患のリスクを高めるといわれ、2003年のFAOとWHOによる共同勧告が発表されて以降、トランス脂肪酸を含む製品の使用を規制する国が増えている。

※ 厚生労働省 トランス脂肪酸の取り過ぎによる健康への悪影響 について

 

 
 
ページ上部に